湘陽かしわ台病院ホームページ
ホームホーム
サイトマップサイトマップ
お問合せお問合せ
病院紹介
外来案内
入院案内
リハビリテーション
通所リハビリテーション
訪問リハビリテーション
高齢者施設支援
健診センター
在宅診療大和クリニック
アクセス方法
求人情報""
     ホーム  >  病院紹介  >  設  備  >  1.5テスラMRI  
1.5テスラMRIのご紹介


 MRIとは

 MRIは、Magnetic Resonance Imaging の略で、 磁石と電磁波の力を利用して人体の色々な内部構造を画像にする、 画像診断装置の事です。

MRI



 最新“1.5テスラMRI”の導入
 湘陽かしわ台病院では、1.5テスラという高解像度のMRI検査機種を導入しております。
 最高クラスの画質により、より診断能力が高まりました。



 安全かつ短時間になった検査
 この機器はX線を使用しないため無侵襲または低侵襲で、患者さんに優しい安全な検査が行えます。
 CTによる血管検査では、造影剤の使用が不可欠でしたが、1.5テスラMRI検査では、造影剤を不使用または最小限の造影剤で大きな血管に関する撮影が容易に可能です。
 また、撮影時間もMRI・MRAを合わせて20分程度と短時間で終了いたします。

※MRAとは…Magnetic Resonance Angiographyの略で、MRIを利用して血管像を描出する方法

MRI_各部位対応



 広範囲かつ精密な画像による高い診断能力
 目的に応じて優れた画像コントラストが得られます。

 たとえば、骨や空気による悪影響がないため、脳やせき髄などの中枢神経系などを鮮明に診断できます。

 また、脳幹部もCTより非常によく描出され、頭部血管、頸部血管までも立体的に描出し、従来のMRIよりさらに画像が良くなっています。
 関節などの動きの少ない部位の撮影にも有用です。

 縦・横・斜めと任意に様々な断面での撮影による3次元画像での診断ができ、脳の下部や脊髄・関節の中などを見ることができます。

 さらに、血液検査だけではわからないようながんの発見までも可能です。
 脊椎、頚椎の病気の中で代表的な腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症等の診断には、1.5テスラMRI撮影は欠かせません。

 このように、今まで不可能だったさまざまな検査が1.5テスラMRIで可能になりました。

MRI_撮像



湘陽かしわ台病院では、GEヘルスケア社製 Signa EXCITE Plusを導入しております。

こちらから同意書・検査依頼表がダウンロードできます。

 ○MRI検査造影剤使用同意書

 ○診療情報提供書(MRI検査依頼表)



 |  ホーム  |  個人情報保護法方針  |  サイトマップ  |  お問合せ  |