四角形 円形 円形

HOME 外来診療のご案内 > 脊髄側弯症外来






学校健診の重点項目になっている脊柱側わん症ですが、実際病院に紹介される患者さんは健診で見つからなかった方が多く、治療が遅くなることがあります。ご家庭での注意、早期発見が重要です。当院では専門医による診療とリハビリテーションを提供しております。


【側わん症って聞いたことありますか?】

側わん症は、学校検診でも行われているので。聞いたことが ある人も多いかと思います。しかし、学校で見過ごされていることが多いのも現状です。当院では、側わん症の皆さんの抱 える悩みや、リハビリテーションによる身体への関わりが重要と考え、思春期の女子を対象とした側わん症教室を無料で開催 します。


【側わん症って?】

これは脊柱(背骨)のねじれや変形によって脊柱が曲がってしまう病気の一つです。 わん曲が軽度~中等度の場合着衣によって目立たないこともあり、自覚症状が無い場合も 多く、発見が遅くなる事もあります。


【どうして曲がっちゃうの?】

先天性であったり、背骨の変形左右の足の長さが違う、日頃の姿勢のアンバランスなど 個々によって様々です。


【どういう人がなるの?】

先天性のものは思春期の女性に最も多いです。そのため心理的な影響も大きな問題となります。


【早期に発見するにはどうしたらいいの?】

ご家族の観察がとても大事になります。右図に重要なポイントを記載いたしました。 容易なので是非お子さんの背骨を診て下さい。

側わん症の診断には他にも検査が必要です。また、側わん症教室の参加には 当院の受診が必要になります。お心当たりのある方、ご心配な方は当院の診察 をお勧めします。


【側わん症教室のご案内】

当院では,当院で側弯症と診断を受けた方(思春期の女性に発症 する特発性の疾患)を対象とした側弯症教室を月に1回土 曜日に開催しています。