四角形 円形 円形

HOME リハビリテーションのご案内 > 訪問リハリビテーション




【訪問リハビリとは】

 訪問リハビリでは、理学療法士および作業療法士は、運動機能障害や身体障害、日常生活動作の障害について、リハビリテーションを実施していきます。言語聴覚士は、失語症や構音障害などの言語障害、コミュニケーションの練習、嚥下障害に対する摂食機能療法を実施していきます。病院でのリハビリとの違いは、生活の場である、ご家庭や住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者専用住宅等の施設の中で、実際にお使いの設備を用いて、リハビリテーションが実施できるという点です。  趣味活動や、役割ができ、家庭内でできる事が増えたり、介護されるご家族や介護士に、介助方法を直接指導することもでき、活動範囲を広げる事にもつながります。 

【主な対象疾患、利用者】

 入院のリハビリテーションは、整形外科術後などの運動器疾患や脳卒中などの脳血管疾患、パーキンソン病などの神経疾患、廃用症候群を対象に実施しています。  外来のリハビリテーションは、入院患者様の退院後の継続フォローや変形性関節症、腰椎椎間板ヘルニア、肩関節周囲炎などの手術を必要としない慢性疾患、野球肘やオスグッド病などの成長期のスポーツ障害、特発性側弯症や骨粗鬆症などの運動器疾患、脳卒中やパーキンソン病などの脳神経疾患を対象に実施しています。 訪問リハビリテーションは、要支援1から要介護5まで、介護保険をお持ちの方が対象となります。また、他院かかりつけの方もお受けする事ができます。  骨関節疾患、神経疾患、中枢疾患、廃用症候群等、疾患名に関わらず、介護保険をお持ちであれば、対象となりますので、当院訪問リハビリ担当者または、担当ケアマネージャーにご相談ください。

【当院で行っている検査、設備など】

 各自講習会に積極的に参加するだけでなく、神奈川県県央地区の学術サークルに参加し、積極的に勉強会に参加しています。 また、定期的にリハビリテーション科内での勉強会やグループワークを開催し、自己研鑽に努めています。 当院リハビリテーションにおける新人教育にはOJT(On-the-Job Training)を導入し、リハビリ業務の過程で新人教育を実施しています。新人スタッフひとりひとりの到達目標が明確となり、すべてのスタッフから均一な指導を受けることができます。そして新人教育の一環として、新入職のスタッフは年度末に開催される症例検討発表会に参加し、日々の臨床を積極的にアウトプットするようにしています。