四角形 円形 円形

HOME リハビリテーションのご案内 > 言語聴覚療法





言語聴覚士は、脳血管障害等で「ことばによるコミュニケーション」や「食べることや飲み込むこと」に障害がある成人の方に対し、評価・訓練・助言を行っています。 言語聴覚療法では、失語症(ことばの障害)や構音障害(発音の障害)などに対し、機能回復を図る訓練を中心に行います。また、周囲と意思疎通がより円滑に図れるように、発話以外のコミュニケーション手段も併用してやりとりの練習などを行います。 ※当院では小児や難聴の方の言語聴覚療法は行っておりません。 摂食機能療法では、口腔や嚥下器官の麻痺などにより、食物がうまく飲み込めない状態の患者様に対し、評価・訓練・助言を行います。まずはお口の環境を整えることからはじめ、口腔器官の体操などのトレーニング、状態に応じて食物を使って訓練を行っていきます。また、適切な食事姿勢や食事形態、食べ方などについても検討します。

【嚥下造影検査(VF検査)】

X線透視下で造影剤入りの食品や飲料を実際に飲み込んでもらい、お口からのどの様子を動画像で確認しながら、飲み込みにおける問題点を見つけていきます。その結果から適切な食事形態などを検討していきます。
飲み込みに不安がある方は、入院患者様だけでなく外来患者様も検査を受けることができます。詳しくは担当医師へお尋ねください。