四角形 円形 円形

HOME 外来診療のご案内 > 整形外科外来






【方針】

整形外科一同はそれぞれ責任を持つ医療を遂行し、最善の治療を提供致します。


【当院の特徴】

当院の整形外科は先天性疾患、脊椎・四肢外傷、スポーツ外傷から骨粗鬆症、変形性脊椎症、変形性関節等加齢変化による疾患まで多種多様な疾患を対象としています。
脊椎・上肢・下肢専門医がそれぞれ連携を取りながら診療を担当しており、手術療法だけではなく、患者さんに応じた適切な保存療法も提供しています。リハビリテーションにも力をいれています。地域に密着した患者さん本位の医療を心掛けております。


【受診の流れ】

・外来受診は紹介状がなくても受診可能です。(月曜~土曜午前)。担当医が診察してから必要に応じた検査(血液、レントゲン、CT、MR)を行い、再度診察を行います。
・患者さんの疾患に応じて、専門の担当医が診療を行います。まず気軽にお電話でも、受付窓口でもご相談下さい。



【骨粗鬆症】

初期の頃はほとんど症状がないため、気づかない間にじわじわと進行する病気です。加齢、閉経、運動不足、過度の喫煙や飲酒が主な原因です。骨密度・骨量は40歳位を境に減少します。閉経後・高齢期の骨量減少は避けられるものではなく、誰にでも起こることなので適切な治療が必要です。当院では最新鋭の骨密度測定器を導入しており、約10分で検査が出来ます。


最新鋭の骨密度測定機器を導入!






【大腿骨頚部骨折】

転倒、転落、尻餅をつくなどが原因で起こる骨折です。歩行不可能となり、褥瘡、深部静脈血栓症などの合併症を引き起こすことがあります。当院では手術だけではなく、リハビリテーションにも力を入れており、地域医療に貢献出来るよう日々努力しております。他の病院で手術を受けてからでも、当院でのリハビリを希望される場合は、お気軽にご相談下さい。


【捻挫・骨折】

損傷の程度に応じたギプス固定、装具療法、手術療法を行い、リハビリスタッフと連携して適切な後療法を選択致します。


【変形性膝関節症】

年齢とともに関節軟骨がすり減る病気です。初期には運動療法、関節注射を行いますが、中後期には高位脛骨骨切り術、後期には人工膝関節置換術を行います。膝関節専門医が診療にあたります。


【膝半月板損傷・膝前十字靭帯損傷】

スポーツ外傷によるものが多く、損傷の程度に応じて治療法を選択します。手術が必要な症例には膝関節専門医が半月板縫合・切除、自家腱を用いた前十字靭帯再建術を関節鏡視下に行います。
・関節が痛い.comに当院整形外科の紹介があります。詳しくはこちら>>
・インタビュー動画 詳しくはこちら>>


【腰椎椎間板ヘルニア】

椎間板が後方に脱出し神経を圧迫することで痛みやしびれ、筋力低下、歩行障害を起こすものです。治療として初めは保存療法が原則で、症状が遅延ないし増悪するもの、発作的な痛みを繰り返すもの、神経障害を起こしたものなどは脊椎専門医が手術治療を行います。


【腰部脊柱管狭窄症】

黄色靭帯が変成、肥厚し馬尾神経や神経根を圧迫する病気です。圧迫の部位や程度により、下肢痛、しびれや間欠跛行、時に排尿障害を起こすことがあります。 手術が必要な症例には、当院では脊椎専門医が後方除圧術、或いは後方除圧固定術を行っています。


【橈骨遠位端骨折】

転倒した時手をついた際に起こる骨折で、骨粗鬆症のある方では多発します。ずれの少ない骨折にはギプス固定の保存療法を行いますが、ずれの大きいタイプには手術療法をお勧め致します。当院ではネジとプレートがかみ合う「ロッキングプレート」を使用されており、手術翌日から手を動かすことが可能です。


【腱板断裂】

肩にある肩腱板という腱性組織の損傷です。損傷の原因は明らかな外傷によるものだけではなく、はっきりした外傷はなくても日常生活動作の中で起きることもあります。肩こり、運動時痛、夜間痛などの症状があり、五十肩(肩関節周囲炎)との鑑別が難しいため、肩痛を自覚した場合当院外来受診をお勧め致します。MRI検査で殆ど診断がつきます。


【脊髄側弯症】

詳しくはこちら>>