四角形 円形 円形

HOME リハビリテーションのご案内 > リハビリテーションのご案内






【リハビリテーションとは】

リハビリテーションとは、「けがをしたときや病気の回復後に行うもの」というイメージが強いのですが、広義の「リハビリテーション」とは、ラテン語のre(再び)+habilis(適した)に由来し、「何らかの理由で能力低下、機能低下した状態から改善するよう働きかけること全般」を指します。 これには一度失った権利を回復することをあらわす「復権」といった意味合いも含まれることから、離職者が社会復帰するための準備をリハビリテーションと呼ぶこともあります。  当院のリハビリテーション科では入院・外来の患者様に対するリハビリテーションに加え、訪問リハビリや通所リハビリも併設しており、急性期から在宅まで、患者様やご利用者様を広くサポートしております。


【施設基準】

●運動器リハビリテーション(Ⅰ)
●脳血管リハビリテーション(Ⅰ)
●訪問リハビリテーション・通所リハビリテーション併設


【入院リハビリテーションについて】

入院のリハビリテーションでは、主に整形外科術後などの運動器疾患や脳卒中などの脳血管疾患、パーキンソン病などの神経疾患、廃用症候群などに対して介入しています。入院患者様に対するリハビリは、主治医だけでなく、看護師や相談員と連携をとりながら実施しています。また、定期的に医師や看護師とのカンファレンスを開催しています。  3階病棟(一般病棟)では主に急性期の患者様を対象としたリハビリを実施し、身体機能の向上を目指したアプローチはもちろんのこと、日常生活自立のための指導、家庭復帰・社会復帰のための助言、心理的援助なども含め、総合的なアプローチを実施しています。  4階病棟(医療療養病棟)では様々な障害を負った患者様に対して、日常生活における介助量の軽減や療養中の生活の質(QOL:Quality Of Life)を高められるような援助を行っています。


【外来リハビリテーションについて】

外来のリハビリテーションでは、入院患者様の退院後の継続フォローや変形性関節症、腰椎椎間板ヘルニア、肩関節周囲炎などの手術を必要としない慢性疾患、野球肘やオスグッド病などの成長期のスポーツ障害、特発性側弯症や骨粗鬆症などの運動器疾患、脳卒中やパーキンソン病などの脳神経疾患に対して、担当予約制で介入しています。 また、当院の外来リハビリの特色は、全ての患者様に対して運動療法を実施しているところです。 運動療法とは、リハビリテーション科のセラピストと患者様が一対一で行う、運動を用いた治療法です。運動療法を行うことによって、硬くなった筋肉や関節、麻痺によって不自由になった腕や脚に対して、より自然で効率のよい動きを再獲得することができます。また、特に慢性疾患や成長期のスポーツ障害においては症状のある部位以外に問題(姿勢の悪さや、アンバランスな筋肉の使い方や筋力の低下)があることも多く、マンツーマンの運動療法を行うことで、全ての患者様に対して“全身をトータルにアプローチすること”が可能となり、根本的な改善につなげることが可能となります。


【訪問リハビリテーションについて】

リハビリテーションの専門家である理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がご自宅へお伺いし、日常生活が安心して送れるよう、支援いたします。ご本人・ご家族の希望などをお聞きし、心身機能の状態、生活障害、環境などを確認・ 評価させていただき、お一人お一人の目標を設定してリハビリを実施します。 具体的には、日常生活動作の練習 (歩行・食事動作・トイレ動作・入浴動作など)、介護・介助方法の検討・アドバイス、コミュニケーション方法のアドバイス、外出の練習(自宅周囲・公共交通機関の利用など)、家事動作の練習(調理・洗濯・掃除など)、福祉機器・福祉用具・補装具の提案・適合評価、住宅改修(手すり・段差解消など)の提案・アドバイス、趣味活動、ご自宅での運動についての提案・アドバイス等をさせていただきます。 対象となるのは、介護保険をお持ちの方で、外来リハビリの通院が困難な方(身体能力低下・交通の便が悪い)、退院後の日常生活に困っている方、ご家族の介護でご自身が通院困難な方、在宅訪問リハビリを希望される方です。


【診療内容】

●理学療法   詳しくはこちら
●言語聴覚療法 詳しくはこちら
●作業療法   詳しくはこちら


【当院の実績】

●日本理学療法士学会
平成22年度 「骨粗鬆症に対する運動療法と薬物療法の相乗効果についての前向き研究」 秋山泰大
平成23年度 「骨粗鬆症に対する運動療法と薬物療法の相乗効果についての前向き研究(第2報)」秋山泰大

●神奈川県理学療法士会 症例検討発表会
平成19年度 「変形性膝関節症患者の身体活動量について」 秋山泰大

●静岡県作業療法士会 東部地区事例報告会
平成27年度 「脳卒中後抑うつに対する支持的アプローチ~麻痺側のADL参加が自己効力感を高める~」 加藤舞

●神奈川県県央地区リハビリテーション連絡会 症例検討会
平成24年度「頚椎症性筋萎縮症を呈し左上肢挙上困難となった症例~QOLの向上を目指して~」奥山拓史
平成26年度「広範囲腱板断裂術後、前方挙上制限を呈した症例について~肩甲帯機能に着目して~」谷口智則
「後頚部痛に対する下肢帯からのアプローチ~頭部前方位に着目して~」下田功
「右TKA術後の症例を通して、浴槽のまたぎ動作を考える~外来リハビリでの介入~」平澤一樹
「訪問リハビリ介入により生活空間の広がりが得られた1症例~臥床傾向の右片麻痺患者を通して~」黒滝祥
「パーキンソン病患者に対する脊柱側弯矯正固定術の有用性~QOL評価アンケートで検討して~」 松浦綾香
平成27年度「ロボットスーツHALによる治療経験~HTLV-1関連脊髄症患者の立位バランスに着目して~」大川訓子
平成28年度「末期変形性股関節症により腰痛を生じた症例~インソール使用により症状改善を目指して~」亀岡萌子
「もう一度歩きたい~急速に下肢症状が進行した頚椎後縦靭帯骨化症の術後介入~」長沼祥子
平成29年度「脊柱側弯症に対しTh8~S1まで前後方固定術を施行した術後の症例~しゃがみこみ動作の再獲得に向けて~」眞坂結実
「装具と運動療法の併用により歩行能力向上に至った症例 糖尿病によるショパール関節離断術後の一例を通して~」渡島彬
「車椅子に座りたい~膵がんにより下肢対麻痺を呈し自宅生活困難となった症例~」小島真実
「肩甲骨・脊柱アライメントの改善により肩挙上動作が獲得できた症例~首下がり症候群術後症例を通して~」村上昌光      

●湘南ロボケアセンター 第1回ロボットスーツHAL症例カンファレンス
平成27年度「ロボットスーツHALによる治療経験~HTLV-1関連脊髄症患者の立位バランスに着目して~」大川訓子

●神奈川県理学療法士会 災害対策キャラバン
平成28年度「海老名市と災害時協力病院の連携 ~トリアージ訓練を通して~」 秋山泰大

●厚木海老名病院総会
平成24年度「在宅における訪問リハビリテーションの必要性」野崎由加、土屋倫子
平成28年度「当院でのトリアージ訓練の経験とアクションカードの活用」 秋山泰大

●ツツイグループ改善事例取組共有会
平成29年度最優秀賞「リハビリテーション科と栄養科共同による地域健康増進セミナーの開催」秋山泰大



野崎 由加(科長 理学療法士) 秋山 泰大(係長 理学療法士) 下田 功(理学療法士)
平澤 一樹(理学療法士)
黒滝 祥(理学療法士)     松浦 綾香(理学療法士)    谷口 訓子(理学療法士)
野田 梢(理学療法士)     亀岡 萌子(理学療法士)    長沼 祥子(理学療法士)
眞坂 結実(理学療法士)    渡島 彬(理学療法士)     小島 真実(理学療法士)
村上 昌光(理学療法士)    外崎 裕章(理学療法士)    勝俣 響(理学療法士)
金谷 望夢(理学療法士)
奥山 拓史(主任 作業療法士) 上野 友美(作業療法士)    加藤 舞(作業療法士)
新倉 珠玉(作業療法士)
柴野 亜夢(言語聴覚士)    若葉 晴美(言語聴覚士)    小野 智大(言語聴覚士)
大田 真央(言語聴覚士)    浅田 亜弥(言語聴覚士)
疋田 恵子(事務)       吉原 亨子(事務)